記事の詳細

2012年、株式会社新東京開発は、新東京グループという持ち株会社の子会社となりました。元々、新東京開発自体は、約20年前に誕生した産業廃棄物処理業者です。地球環境に関する環境破壊の課題解決に向けて、同社が成長した経緯について見てみましょう。

吉野社長の努力で乗り越えた創業期
株式会社新東京開発は1992年に創業しました。創業当時はトラック1台からスタートした企業です。創業者である吉野社長は、新規取引先の開拓や売上代金の回収、廃棄物の収集運搬まで、全てを一人でこなしていた時期があります。バブル崩壊直後の日本は、地球環境の破壊に対する危機感を理解しながらも、産業廃棄物の処理に取り組む余裕もなかったため、非常に苦労した時期だったでしょう。

吉野社長の努力の甲斐もあって、株式会社新東京開発は1999年に中間処理工場を建設します。これは、1997年の産業廃棄物に対する枠組み改正に、民間が応えるような形で誕生した中間処理施設です。当時、他の産業廃棄物処理業者と比べても、早い時期から中間処理施設を導入したと言えます。

ISO14001も取得した環境コンサルティング企業
近年の株式会社新東京開発は、新東京グループの一員として産業廃棄物処理事業を中心に手掛けている企業です。早い時期から地球環境問題に取り組んできたため、関東一円の産業廃棄物処理を担うリーディングカンパニー的な存在として、ご存知の方は多いでしょう。近年は、太陽光発電事業およびコンサルティング業に取り組み、さらなるエコロジー社会の実現に向けての活動を続けています。

また、新東京グループ内には資源の再利用を促すために、製鉄や製鋼用の原料のリサイクルを手掛ける会社も誕生しました。そのほかにも、ビルの解体を手掛ける企業もあり、さまざまな角度から地球環境の維持に努めています。

2005年、株式会社新東京開発はISO14001も取得しました。地球環境問題に取り組む企業として、国際的な規格に則っていることを証明しています。産業廃棄物処理業者でありながら、社内の環境マネジメントシステムが十分に働いている企業であることを証明しているのです。

現在、株式会社新東京開発および新東京グループは、自らを環境コンサルティング企業として位置付けています。事実として、それだけの実績を有する企業であり、産業廃棄物処理の分野では大きな活躍をする存在です。今後も同社の動きと共に、地球環境改善に向けたアクションが活発化するのではないでしょうか。

新東京開発
http://kaihatsu.mr-shintokyo.co.jp/index.html

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る