記事の詳細

各世代において収入が伸び悩む現在の日本において、住宅購入の1つのトレンドとなっているのがローコスト住宅です。ローコスト住宅は明確に定義がある訳ではありませんが、一般的には1000万円代から建築できるコストダウンが徹底化された住宅を指します。しかしその分、機能面などにおいて劣るのが問題でした。
これらのローコスト住宅の問題を解決した住宅を設計、施工販売しているのが関東の住宅メーカー、アートライフクリエイトです。代表者の片山哲也氏が平成9年7月に設立した会社であり、ローコスト性を保ちつつ機能面やデザイン面で見劣りのしない住宅を実現するために現在まで一貫してアートライフクリエイト自らが設計から施工販売までを一括して行っています。

社名のアートライフクリエイトは、住む人のアート・ライフを充分に楽しんで欲しいという片山哲也氏の想いが込められており、それを実現、すなわちクリエイトするお手伝いをアートライフクリエイトは目的としています。
アートライフクリエイトのこの思想は、片山哲也氏が会社を興した当初から連綿と続いています。当時はまだローコスト住宅といった言葉もあまり知られておらず、良い理想の住宅を手に入れるにはコストを掛けるのが当たり前という考え方が一般的でした。それから時代が下り、ローコスト住宅が普及する中で、多くのハウスメーカーや工務店がローコスト住宅の販売に取り組むようになりますが、アートライフクリエイトと片山哲也氏は既に14年以上前から同様のコンセプトの住宅を提供しており、その実績は社屋のある世田谷区を中心に毎年多くの受注を得ている事からも確かなものとなっています。

例えば2012年度は都内で50戸以上の販売実績を上げており、信頼実績ともに高いものがあります。この実績の影にはアートライフクリエイトの高い施工技術と顧客を惹きつける魅力的なコンセプトとプランニングの提案、そして片山哲也氏の考えるローコスト住宅のあり方が根底にあります。
片山哲也氏の考える住宅のあり方の1つとして、プランニングは住宅の完成に大きな優劣を与えるというものがあります。住宅の完成に至るまでには様々な問題や制限を乗り越える必要があり、それらをクリアしたうえで施主の考える理想の快適な住宅を実現しなければなりません。それを可能とするのが、施主と一緒に住まいづくりに対する共感できる思いを持ち、実績と技術力を備えたプランナーの存在です。

ローコスト住宅は単に安い建材を使うだけではなく、優れたプランニングによってはじめて機能性とデザイン性を両立させた住宅が実現できるというのが、アートライフクリエイトと片山哲也氏の考えです。このためアートライフクリエイトのローコスト住宅は、プランニング段階から綿密な打ち合わせを行った上で、機能性とデザイン性を両立させたオーダーメイドに近い住宅の提供が可能となっています。

株式会社アートライフクリエイト
http://www.alc-tokyo-selection.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る