記事の詳細

■公共工事を受注するには
公共工事は、高速道路や公園の整備や、各種公共機関の建物建造など、一度大きな金額が動くこともあり、建設・土木業を行っている企業にとっては、非常に大きな売り上げ元となる可能性を秘めています。しかし、この工事を受注するためには、国が法律で定めた基準をクリアすることが必要。経営に不正がなく、健全な経営が行われているかを調べる経営審査事項や、公共事業の競争入札参加資格を得るための申請といった手続きが義務付けられています。

しかし、審査や申請には煩雑な手順を踏まなければならないこともあり、全ての業者が実施しているわけではありません。さらに必ずしも審査が通るわけでもないため、ある程度信頼のある企業が申請を行い、そこから行政が精査した結果残った企業が認可を受けることができるという特徴があります。

■株式会社修和の施工実績
染谷修氏が代表取締役を務める株式会社修和は、30年以上の実績と信頼がある企業として、数多くの公共工事を請け負っています。平成21年から平成25年の間にもその実績は多数。今でも頼れる企業として自治体からの信頼も厚い業者です。

さらに、同社はその品質を向上させることや継続的な発展を目指し、染谷修氏指導の元、ISO9001も取得済み。さらなる高みを目指し企業努力に余念がありません。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る