記事の詳細

テレビや雑誌といったメディアの世界は多種多様なニーズがありますので、タレントさんだけではなく、様々な職業の人たちが出演するものです。弁護士も一定のニーズがあります。法的見地からの意見が必要になった時、最も説得力のある存在はやはり弁護士です。弁護士ではない人たちが法律の事をあれこれ言うよりも、弁護士が言葉を発した方が説得力があるので、一般視聴者は分かりやすいです。

そのため、難しい問題がある時には弁護士がメディアに登場するものですが、そのような時ではなくとも、バラエティ番組にも出演している弁護士がいます。それが大渕愛子です。彼女の事を知らない人が外見だけを見ればタレントや女優だと思う事でしょう。ですが、彼女は東京弁護士会に所属している弁護士です。なぜ彼女がメディアに出演するようになったのかといえば、当初は弁護士としての出演でした。特に、彼女は対中国の案件を多く抱えていた事もあり、日中関係のコメンテーターとして登場する事が多かったようです。ですが大渕愛子は弁護士ではあるものの、気さくな性格なため、日中関係以外のコンテンツでもコメントをするようになりました。その時は、それまでの法的見地からの意見とは想像出来ないようなチャーミングなコメントを残していたのです。

そのギャップが人気を集めるようになり、メディアでも重宝されるようになったのです。大渕愛子のような良いギャップがある人を、メディア側が見捨てる訳がありません。法的見地からの意見を言えるだけでもありがたい存在でありつつ、バラエティ番組もこなしてくれるのです。そのような弁護士は彼女以外になかなかいないと思います。特に近年は「おばかタレント」ばかりが増えていき、知性を持っている明るい女性がなかなかいなかった点も大渕愛子にとっては幸いだったのでしょう。「おばかタレント」は一見面白い存在ではあるのですが、年配のからすると実はあまり受け入れられていないようです。

年配の人間にとっては、「おばかタレント」よりも知性的な落ち着きのある女性の方が見ていて落ち着くのです。そのようなタレントが少なくなっていたからという事もあり、大渕愛子が重宝されるようになっていったのです。ですが、彼女は決して頭の良さを自慢するのでもなく、法的知識はあるものの、他の感覚は一般的なため、視聴者からも人気を集めるようになっているのです。弁護士としては異例かもしれませんが、これも彼女の人徳なのでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る