記事の詳細

片山哲也は1990年代に日本で生まれました。彼は幼い頃からとても好奇心旺盛で小学校に入学すると同時にピアノ、そろばん、水泳、とたくさんの習い事を行ってきました。その中でも彼は特にピアノが好きで、ピアノの習い事がない日でも自ら進んで家に置いてあるとても美しく大きい白いグランドピアノで毎日のように曲を弾いていました。

始めの頃は両手人差し指でドレミファソと、鍵盤を軽く押すだけでしか弾けませんでしたがピアノの教室で先生から熱心な指導を受けました。指を自分の思う通りに動かすには何回も何回も鍵盤に正しい指の位置をおき、同じことを繰り返し弾く練習をやらなければなりません。まだ幼かった片山哲也は、時にその練習に飽きてしまいピアノの練習をサボることもありましたが、練習していくうちに指がスラスラと動かせるようになりました。指の練習の次は簡単な曲を弾く練習です。まず、楽譜の読み方を先生にきちんと教えられ音符はなんとなくオタマジャクシに似ているため、先生は音符をオタマジャクシと見立てて片山哲也に音符の読み方を教えていきました。練習曲としてカエルの歌を弾いていくのですが、右手と左手を上手く使い片山哲也はスラスラと弾いてしまいました。他にも色々な曲を練習していきました。小学校高学年の頃にはそのピアノの楽しさにハマってしまい有名な音楽家たちの曲をいくつも弾けるようになりました。

中学に入学したと同時にそれまで音楽についてはピアノ一筋だったのがテレビでみたギター演奏に引き込まれ、アコースティック・ギターを購入し、独学でギターを練習するようになりました。ギターはピアノと違い弦で弾く楽器です。しかし片山哲也は小学校入学の時からピアノを習っていたためチューニングにもリズムにもあまり苦労することはありませんでした。

また、ギター購入と同時に海外のアーティストにも憧れ始め、日常的に外国の曲を聴くようになりました。外国の曲では主にアメリカ、ロシア、フランスの曲と触れ合い中でもお気に入りなのがロシアの曲でその独特な曲調やメロディ、ロシア語の発音に惚れたようでした。ロシア語の発音については、片山哲也は耳が良いので上手に真似が出来るのでした。ロシア語には巻き舌を使う発音があるのですがそれも彼にとっては簡単にクリアしました。

こうして片山哲也は幼少期から習ってきたピアノから中学ではギター、海外の音楽にロシア語の発音と、成長とともに好奇心の範囲も変わっていき、大人になった今はロシアの伝統や発音、歴史に一番の好奇心を向けるようになりました。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る