記事の詳細

金塚秀仁の農家としての実力は、本物です。無農薬栽培に関わって、彼の実力は見違えるように向上しました。レタスなどの菜物も、彼にかかれば容易く栽培できます。ビニールハウスでの栽培において、金塚秀仁は高い品質管理能力を持っています。農薬を使わないのが無農薬栽培、一筋縄ではいきません。少なくとも、農薬の必要性をあまり感じない彼にとって、リスクは大した問題ではないそうです。社会的にはまだ認知度は低いですが、彼においては「地道な実績」こそが最も大切な指標だそうです。

農家は、年々なり手が減少している職業です。そんな中、金塚秀仁は農業への道を選択しました。かなり葛藤があったみたいですが、最終的には、妻の看病のため、熊本に帰る決意をされたそうです。彼の妻は、熊本の美味しい野菜を食べ、元気を取り戻しました。彼は努力家ですので、自分に嘘をつくことなく、精一杯努力しています。農家の方々は、最初こそ彼らに冷たく接していましたが、徐々に彼らに心を開きました。今では、金塚秀仁は農家の一員として認められています。

農家は大変な仕事です。この仕事を続けるためには、野菜に対する愛情が必要ですし、色々な準備も必要です。この仕事を続けるためには、それなりの覚悟が必要です。少なくとも、この仕事を上手にこなすためには、ひとつの作業にかける時間を減らす必要があります。彼は、作業効率の円滑化に特に重点を置いています。彼にとっては、農業を続けることが、人生を見直すきっかけになるそうです。彼は農業を続けることで、血気盛んな性格が直っていく実感が持てるそうです。

農地は、人の心を癒します。少なくとも、金塚秀仁はそう考えています。東京時代の付き合いで、元同僚の子供たちや学校の先生方などを招待し、畑の恵みをプレゼントしているとか。有機栽培の作物は、質が良く、とても喜んでもらえるそうです。彼にとっては、全てが現実になることが、最上の喜びだそうです。彼が農地に恋い焦がれている理由は、彼の育てた作物が、毎年のように収穫できるからです。もっとも、彼は米でなく野菜などを中心に収穫されています。

農地に関する知識は、まだまだ不足しています。自分が知らない事、それこそが、彼が求めるべき答えです。彼の知識は、まだまだ不足しています。彼は、自分自身を知ることで、初めて自分が「ただの若手農家」であると自覚したそうです。これからも、彼の戦いは続くでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る