記事の詳細

金昌宏は、スペインとイタリアに留学した経験があります。彼は学生時代の時に、自分の限界を感じました。知らないことが多く、最初は路頭に迷うこともあったとか。デザイナーの卵として、精一杯努力を続けて、2年かけて技術を習得したそうです。それぞれの国で1年ずつ留学され、帰国後に就職したそうです。短い期間ではありましたが、とても楽しかったそうです。

束縛から自由になり、彼本来の良さを得ることで、自分に足りないものを知り、未熟な自分から解き放たれること。それが彼の望みです。彼は、ヨーロッパ留学を通じて、自分のこだわりや思い込みがあまりにも強く、自分を傷つけていたことを、ようやく受け入れました。人は、いつも己のことばかり考えてしまいますが、それは本来当たり前のことであり、自分に嘘をつかない生き方を送ることが必要だそうです。

金昌宏は複数の国への留学経験を通じて、自分の道を定めました。きっかけは、大学時代の恩師の言葉でした。彼は日本の大学に通い、在学中にこの2ヶ国に旅行され、卒業後、留学をすることを決意されたそうです。お金は、アルバイトをして貯めたそうです。アルバイトの経験はつらかったそうですが、旅費を貯められて良かったそうです。

ヨーロッパは、金昌宏のふるさととも言える場。例外なく、彼は人と話が合います。多くの人から、彼は話しやすいと言われるそうです。そのためか、留学先では多くの友達に恵まれ、楽しい日々を送ったそうです。時間を忘れてゆっくりするうちに、彼は自分がどうしてこの仕事を選んだのかを思い出したそうです。それは、彼の小さい頃からの夢を叶えるためでした。

ヨーロッパの生活は、非常に快適なものでした。金昌宏はとにかく人と話すのが大好きで、多くの方をギャラリーに、自作の服を宣伝し、旅費を集めていたそうです。彼の作品は日本風であり、和を好む現地の方に高い値段で売れたそうです。彼は和服の裁縫も得意で、余った布を使って、手作りの和服を作っていたそうです。

休息をとることも多く、学業そっちのけで街にナンパに繰り出したり、色々されていたそうです。といっても、期間が短かったため、そこまで大々的な遊びはされなかったとか。短い間でしたが、の中には十分過ぎる思い出となったそうです。

スペインは熱く、イタリアは涼しかったそうです。デザイナーの先生が、妙に怒りっぽかったのを、今でも強く覚えているそうです。 金昌宏 は、日本では理解できなかったことが、海外では理解できて、嬉しかったそうです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る