記事の詳細

しゅらの郷福祉会(しゅらのさと ふくしかい)は平成19年より大阪府知事より法人設立認可を受け、同年4月より多機能型事業所「あゆみ」を開設しました。障害者自立支援法にもとづいて障害福祉サービスを行い、地域社会で障害ある人が自分らしくココロ豊かな生活を営むことができるよう支援しています。
しゅらの郷福祉会は昭和45年設立の藤井寺市心身障害児者父母の会を活動のルーツとしています。平成19年の福祉会設立をへて現在「あゆみ」はじめ4つの施設があり、障害者のための福祉サービスを行っています。

多機能型事業所「あゆみ」〜就労移行支援事業としてスタート、のちに生活介護、就労継続支援事業(B型)も実施しています。
「鈴藤(りんどう)」〜グループホーム、ショートステイになります。4施設のうち一番新しく平成26年の開設になります。
「ヘルパーステーション ウインドミル」〜居宅介護事業、移動支援事業そして重度訪問介護事業を行います。かつて藤井寺市心身障害児者父母の会が運営していた内容を引き継いだ形になります。
相談支援センター「ぴんぽん」〜障害をもった人や家族が抱える 地域生活における悩み相談を受け、それに応じた保険・福祉サービスを受けられるようサポートを行います。

社会福祉法人しゅらの郷福祉会
http://www.shuranosato.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る