記事の詳細

野澤渉は横浜市出身で、地元の中学校と高校を卒業しました。その時に将来は法律について勉強をしたいと考えたのです。そのような子供というのはとても珍しいでしょう。最近は大学へ進学する際に特に目的を持たない人が多いのですが、そのような中で野澤渉はきちんと自分の興味のあるものを見つけることができたのです。法律を知ることによって、世の中についての理解を深めることができて、世の中を動かしている仕組みや基準というものが分かると考えたのです。世の中の基本として存在しているものが法律だと考え、それを勉強することにしたのです。そして、実際に日本大学の法学部へと進学しました。ただし、野澤渉が法学部へ進学した当初はそれほど熱心に勉強に励んでいたわけではないようです。1年生や2年生の頃にはアルバイトに精を出していたと語っています。本格的に司法試験についての勉強を開始したのは3年生になってからのことです。その頃には将来のことをしっかりと考えて、サラリーマンの道を目指すよりも法律家として弁護士になることを目指す方が自分に向いていると考えたのです。そのため司法試験を目指すことにしました。それほど具体的な目標を持って司法試験に取り組んだわけではないのです。結局、野澤渉は司法試験に10年近く挑戦してとうとう資格を取得することができました。そのあとは、すぐに登録を済ませて、実際に弁護士として実務に取り組むようになったのです。

現在、野澤渉法律事務所を経営して多くの顧客のためにサービスを提供しています。その際にはできるだけ労を惜しまずに全力で問題解決に当たることを重視されているようです。そうすることによって顧客から本当に信頼されるような法律家になることができると考えているのです。サービスに手を抜いてしまうとそれはすぐにバレてしまうでしょう。また、片手間にできるような仕事ではないのです。全力で問題解決のための行動をしないと失敗してしまったり、満足のできる結果を得ることができないでしょう。そうなってしまえば顧客から信頼されなくなり、やがては依頼がこなくなってしまうのです。そうなってしまえば野澤渉法律事務所の経営に大きな影響を与えることにもなりかねません。そのような事態を避けるために、できるだけ一生懸命にサービスに取り組んでいるのです。また、正当な報酬を受けることも重視しているようです。それは職業人として当然のことなのです。自分が提供した時間や労働については、それに相応するような対価を求めることによって、社会は成り立っているのです。これを法律の専門家である野澤渉法律事務所が守ることはとても大きな意味があります。法律家がまずは率先して法律を守り、そのための行動を取ることによって社会の規範となることができるからです。世の中には正当な報酬を受けることができなくて苦しんでいる人たちがたくさんいるのです。そのような方達の状況が改善されるように、まずは法律事務所として、弁護士として正当な報酬を受けることを大切にしているのです。

野澤渉法律事務所ではいろいろな仕事を扱っています。もともと野澤渉は弁護士になったあとに法律事務所に就職したのですが、そこは相続関係や不動産関係を専門としていたようです。そのため、自然と野澤渉自身もそのような仕事に関わるようになり、いざ自分で法律事務所を開設しようと思った時にも、これまでに専門としてきた上記2つの業務を中心に取り組むようになりました。相続や不動産については個人や法人を問わずに大きな問題となりやすいのです。特に最近は少子高齢化となっているため、これらの問題に頭を悩ませる人が増えています。たくさんの子孫のいる高齢者が亡くなってしまうと、その人の所有していた財産をどのように処分するのか考えなければいけません。それは基本的に法律にしたがうことになるため、そこで法律の専門家の出番となるのです。特にお金や土地に関することについては遺族同士でトラブルに発展する可能性が高いのです。そのような問題が生じないようにするための仕事をします。また、すでにトラブルが発生している場合にも、できるだけ穏便に解決できるように努力するのです。不動産関係についてもいろいろな問題が生じることが多いです。それらの問題解決を専門に行っているのです。できるだけ依頼者が満足できるような解決策を導き出そうと努力しているのです。法人からの仕事の依頼の場合にはさらに問題が大きくなっていることも多いため慎重になります。上記のような仕事をコツコツと積み重ねてきたことによって、これまでに大きな信頼を得ることに成功しているのです。今後も上記のような業務を行い、多くの人達の抱えている悩みや問題を解決していくでしょう。社会に大きく貢献しているのです。

野澤渉法律事務所
http://houritsujimusho-2010-12-06.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る