記事の詳細

主婦は台所仕事が何かと多いものです。冬場は特に手が荒れがちですよね。ハンドクリームなどを塗っても治らないといった人もいるかと思いますが、対処方法についても検討したいところです。また長期で治らない場合や調子が悪いときは、早めに皮膚科へ行くことをおすすめします。

皮膚科でおすすめの医師といえば、大島昇医師です。自ら渋谷駅付近で開業している評判の医師としても知られています。大島昇医師は確かな知識を持っており、多くの患者の治療にあたってきました。そんな大島昇医師だからこそできるすばらしい指導を直接受けることができるのです。他の病院で治療したものの、思わしくなかったという人も大島昇医師のもとを訪れてみてはどうでしょうか?大島昇医師はさまざま分野で相談に乗ってくれます。

主婦で皮膚科を訪れる人の中には、手湿疹や手あれに悩んでいる人も多く見られます。多くの人が悩みを抱えていることがわかる病気です。ただの湿疹だと思って油断していると、とんでもないことになります。
例えば手湿疹の中には進行性指掌角皮症というものもあります。これは何かというと手湿疹や手あれだけではなく、他には掌蹠膿疱症や手白癬、異汗性湿疹、接触皮膚炎といった病気も考えられるわけです。単なる湿疹だからといって安心するのではなく、まずはどの病気かを見極めることが大事です。当然ながら病気の種類によって、治療法方は異なってきます。せっかく治療しても異なる治療の場合、適切なケアは難しいものとなりますよね。
また水や洗剤を利用するといった人は多いことと思います。水や洗剤をたくさん使うことで手の皮脂がうばわれる危険性があります。実際に掃除などをする際、そうしたことは少なからず起きているものです。この症状を進行性指掌角皮症といいます。繰り返しが原因であり、主婦や飲食店の人、美容師などがこの病気にかかりやすいです。

また最近では銀行員などでも発症者が多いといわれています。
発症状況ですが利き手が多いようです。親指や中指、人差し指などが発症し、強い乾燥状態によって皮膚が剥がれ落ちてしまう危険性があります。
さらに悪化すると指紋がなくなってしまう危険性があるので、油断はできない病気です。指にひび割れが入った状態でも危険なので、ちょっとでもこうした症状がある人は早めに診断してもらうといいでしょう。冬は特にひどくなりがちで、夏になると完治するといった人も少なくありません。
手に赤みやかゆみを感じたら、要注意です。また小さな水ぶくれやひび割れについても注意が必要となっています。手あれによって指紋が見えにくくなってしまう危険性もあります。

そもそも手あれの原因ですが、何らかの形で酷使してしまうことが原因です。しかし仕事や主婦は、それら日々こなさなくてならず、作業をしないわけにはいきません。少しでも症状を食い止めるためにも、いち早い相談がお勧めと言えます。
手あれについてはつい放置しがちですが、マメにケアしていないとますます水分が失われることとなります。
まずは水分補給を心がけることを第一に、取り組みを検討したいところです。
また皮膚にうるおいを与える保湿剤について、正しく使うことが大事です。ただ単に保湿だけを使ってもかゆみや湿疹を抑える効果はありません。症状によっては、抗アレルギーの薬を飲むといったことも大事といえます。
刺激をなるべく避けるために、手袋を活用することも大事です。
手袋は肌を守ってくれる役割があります。アレルギー体質といった人は、茶碗洗いの際も手袋を着用したいところです。手袋着用によって、手をガードすることが可能となっています。
刺激を最小限にして肌を守ることも検討したいところですね。

渋谷駅前おおしま皮膚科
http://shibuya-hifuka.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る