記事の詳細

今から約50年前、1964年、日本で最初に東海道新幹線が開通しました。初期の0系と呼ばれたブルーとクリーム色の車両は、今でも多くの人々の心に懐かしい思い出として刻まれていると思います。ちょうど東京オリンピックが開催される時期と重なり、日本中が感動の渦の中で時を過ごしていました。その後、新幹線は山陽新幹線、上越新幹線、東北新幹線、北陸新幹線、そして九州にも新幹線が走っています。今や新幹線は日本各地をつなぐ大切な輸送ルートとして多くの人々に利用され、日本社会には欠かせない存在となっていると思います。その新幹線を動かす重要な働きを担っているのがアドバンストラフィックシステムズと言えるようです。

その仕事内容は、新幹線車両の整備、時刻表等の運行に関わる等、全体的なシステムの業務に関わっています。その運行時刻は正確で安全に配慮しながら今日も走り続けています。

新幹線は開業以来50年近くの長期間、車両による死亡事故は1件も発生していないようです。このことからも分かるように高い安全性が確認されています。それは自動列車制御装置が働いて、重大事故が発生する前に自動的にブレーキが作動するシステムになっているようです。また乗り心地、騒音対策など、あらゆる面での改善と努力が日々積み重ねられているようです。それらの技術は世界的にも高く評価されていると思われます。

アドバンストラフィックシステムズは新幹線開業以来、蓄積されてきた高い専門的な知識や技術力を土台として、さらに新しい時代のニーズに対応できる高度なシステムの構築をサービスとして提供しているそうです。

そのためにアドバンストラフィックシステムズでは、次の時代を担う人材を発掘し育てることに力を注いでいます。「企業は人なり」そのプログラムは、画一的ではなく、働いている人達、一人ひとりの能力、適性、環境、経歴等を考慮しながらきめ細かな計画が立てられ進行しているようです。

さらに、技術面ばかりではなく、全人格的な事も大切に考えられ、総合的な力で仕事に取り組む事ができるよう、教育プログラムの設定が考えられています。

また、アドバンストラフィックシステムズの社内では、社会の中で信頼される企業をめざし、コンプライアンスに関する問題にも取りみが進められています。

これまで、日本社会発展のために貢献してきたアドバンストラフィックシステムズは、未来に向かってチャレンジし続け、さらに飛躍することが期待されていると思われます。

株式会社アドバンストラフィックシステムズ
http://www.atrasc.co.jp/corp_info.html

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る