記事の詳細

下上津役幼稚園は園長の北関栄機氏が運営する保育園です。より自由で伸びやかなお子様を育成するために、さまざまな取り組みを行っている事で知られています。これから保育園選びを検討している方は、園の特徴などから下上津役幼稚園を選んでみてはいかがでしょうか。

気になる開園時間・お休みについてはどうでしょうか。下上津役幼稚園の開園時間は朝10時から14時までとなっています。やや短いようにも感じられますが、その分北関栄機氏含めお子様たちとの交流を密に行っているため、安心して預けられる環境を作り上げています。またお休みに関しては、基本的に土・日・祝日と季節ごとのイベント時となっています。ただし、第1・3・5土曜日においてはイレギュラーとなっており、通常通り開園しています。イベント時に関しては、通常の会社同様にお盆とお正月期間のみ休園となっています。

北関栄機氏が手がける下上津役幼稚園の特徴として、自然が多く、子供が健やかに育ちやすい環境というのが挙げられます。子供たちが自由にすくすくと成長できるような場所にあるため、大人になったときも想像力豊かな人格が構成しやすいといえます。北九州の中でも中心地から少し離れていますが、園外保育としてバスでの行動が行えるため、子供たちが数多くの経験を積める場所になっています。

下上津役幼稚園全体のクラス数は9つあり、年長・年中・年少とそれぞれ3クラスずつとなっています。年長の園児数は90名に対し、年中では80名、年少では100名となっています。これは北関栄機氏の考えのもと、全てに目が行き届きやすい環境を整えるために配慮されたものです。また教員数は全部で13名おり、全て正規職員として幼稚園教論免許を持っているのも下上津役幼稚園の特徴です。全て信頼できるスタッフにお子様を任せられる環境を整えているため、保護者の方も安心してご利用いただけます。

入園料と月々の費用も気になることでしょう。下上津役幼稚園の入園料は38,000円となっております。そのほか入園手数料が2,000円、制服代が約11,000円必要となります。月々の費用としては、保育料が22,500円、給食代が約2,990円など、これらが必要となるため注意しましょう。また維持費として11,700円を負担することもお忘れなく。

園長の北関栄機氏が運営している下上津役幼稚園では、自然豊かな環境の中でより感性豊かな人材育成を行っています。ただお子様を預けるだけではなく、伸びやかに健康的な子として成長を望んでいる方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

下上津役幼稚園
http://www.kitakyu.or.jp/2004/yt-079.htm

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る