記事の詳細

SK通信は2000年に代表取締役である廣瀬勝司氏によって創立した”WEBトータルコーディネート事業”を中心に展開する企業です。
社名のSはSales(販売)の頭文字に由来しており、Kは代表取締役の廣瀬勝司氏の名前から取られました。
代表取締役が社員へ求めていることは一蓮托生の気持ちであり、業界のトップを目指すにあたりニーズやトレンドの変化の激しい現代を企業として生き抜く力の源を社風である大家族主義に投影しています。
社員同士が苦楽を乗り越えるために互いに多くの経験を積み、本音と本気で語り合うことのできる社内風土づくりは、トップである廣瀬勝司氏から率先して行っています。
会社全体の決起会の定期開催は、社員ひとりひとりが経営者の感覚を持ち意見交換をする場所であり、その中から本音を聞きだすことを廣瀬勝司氏は心がけているのです。
また社員の適性や希望、能力を考慮し、細分化した事業部によってそれぞれにマッチした環境での勤務ができるよう、セーフティーネットとして活躍の場を用意している企業です。
職場環境のスタイルも大家族主義に徹しており、フロアにはパーティションが存在せず、社員や部署同士の繋がりに一役買っています。
若い社員が将来的に所属する事業部に必要な専門知識やプロとしてのノウハウを研修だけでは無く先輩社員から直接指導されるなど、評価のある人材育成にも社員同士の繋がりが貢献しています。
上層部と若い社員が交流し垣根の存在しない社風は、互いに同じ目標や夢の共有があってこそ成り立っており、一丸となれる情熱を持つ人材が集い、苦楽を共にする企業であることは、主義の通り家族的であるといえます。
また従業員全員が顧客に対しても大家族主義を貫き、真摯に対応することで得る信頼は大きな力となり、更なる付加価値を提案することを可能にしています。
SK通信は企業理念に即した環境を実現する、評価の高い社風が特徴です。
若手社員の活躍を支える社内風土や条件
SK通信は明朗な社員が大勢勤務していることでも知られています。
自慢と自負するほど厳しくありつつ楽しい社風は、人材ひとりひとりが能力を最大限に生かしたパフォーマンスで事業を行うことへ繋がっています。
人材の評価は実力が強く影響し、給与体系も即していることから自らの成長速度を実感することが出来る環境にあり、能力とモチベーションを自覚しやすいことで、具体的な目標を立て各々が邁進できる環境です。
また多くの社内制度や豊富な福利厚生など、安定した雇用形態が人材を事業に集中させ、会社や職務への貢献に情熱や誇りを持つことに少なからず影響しています。
またイベントの多さも特徴的であり、月ごとの食事会に始まり、春の花見会やディナークルーズ、屋形船での懇親会、力を合わせる競技を盛り込んだ運動会、年に一度の海外への社員旅行など、会社全体で家族として愉しむことはオリジナルの流儀であると廣瀬勝司氏が語っています。
遊びを大切にすることでよりレベルの高い仕事が出来るとした、けじめのある気質の人材が多いことも特徴的な企業です。
一蓮托生を体現する社員の雇用形態は企業にとって大きな強みとなり、大家族主義は業界ナンバーワンを目指すための重要なファクターの一つになっています。
また、学歴や職歴、出身地など履歴の様々な社員が集う環境で、全体が一つの目標へ情熱を持って切磋琢磨する団結力を育むのは、社員の誰にでもチャンスがあることに起因しています。
高度なスキルとプロ意識を持ち、適正な評価によるスキルアップの可能性に満ちた職場では、社員それぞれが互いに刺激し合う環境でもあります。
また20代の若い社員が多く在籍することも大きな特徴で、若年層が事業部の中心人物になることや、新たな事業領域への立案などをすることが可能な職場です。
大家族主義の根幹となる社員の事業に対する情熱は、他社には無いSK通信のブランディングともなり得ます。

SK通信は創立以降連続して最高益の達成を記録しています。
店舗の集客の向上を図り、業績を伸ばす可能性とツールをクライアントにマッチした通信プランで提案する事業が中心です。
ツールの販売をするだけでなく、システム導入後のサポートを含めた手厚いサービスを特徴としています。
また、変遷する時代のニーズに対応していくために、若手の社員によって牽引されている企業ならではの独特のサービスを可能としています。
既存ではレベルの高い集客マーケティングは大企業のものであることが一般的であり、課題を克服しながら中小企業のみをターゲットにした展開は、業界では初めてのオリジナルのサービスです。
モバイルに対応したIT活用で店舗の集客プロモーションを中心とした事業では、自社開発ソフトのIPmobile αなどを提案し、集客に関するサービスを展開しています。
店舗経営に関連するトータルソリューションを行うモバイルソリューション事業を始め、4つの事業部がSK通信の主な事業部です。
O2O事業ではエンドユーザーやマーケットニーズに即した機能の追加によって顧客のイノベーションをサポートし、業界から高い評価を受けています。
Webサイトに置けるプロモーションなどのサービスにより、サイトの適性な構成をサポートするWEBマーケティング事業部はデジタルマーケティングに実績のある企業こそのノウハウを活かしたサービスです。
ポータルサイト運営事業はエンドユーザーの使い心地や利便性と共に、店舗にもニーズのあるポータルサイトの運営や制作をしています。
集客効果を追求したポータルサイトでは、バラエティに富んだコンテンツが業界から評価を受けています。

株式会社エス・ケイ通信
http://sk-t.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る