記事の詳細

戸江達哉がテニスでのバックハンドのコントロール上達法をお教えします。まず、1つ目のポイントは両手打ちの場合、腕が体の回転に遅れないようにすることが大切です。体の回転を使ってパワーを出すことがポイントですが、もし腕が遅れてしまうとパワーが無くなってしまいます。一度スイングが遅れると、もう取り戻せなくなるので下半身で先に体を回すことは大切ですが、体重移動はいったん止めて、体と一体になるようなスイングを行います。ラケットは常に胸の前にあるようなイメージです。

そして、腕を回せる姿勢を作りましょう。両手打ちの場合は、体が回せずに手うちになってしまうと、両手でラケットを持っている状態が邪魔になって、腕を振りあげることができません。戸江達哉流のテニス上達法では、プロのプレーを見ることをおすすめしていますが、プロのバックハンドを見ていても下半身の使い方の上手さがよくわかります。基本的には、あまりクローズドスタンスすぎないように注意しなければいけません。

高く帰ってきたボールには、テイクバックも高くおきましょう。両手打ちの場合、高い打点も力を入れやすいという特徴があります。でもラケットの面をかぶせるように打ってしまうと、ネットやアウトになる可能性が高くなります。テイクバックが低すぎてラケットの面をかぶせる形になってしまうのです。高い打点で打てるメリットを生かすためにも、テイクバックを高く持つ練習をしましょう。

片手打ちのバックハンドは、融通が効きやすいというメリットがありますが、使いこなすのが難しいバックハンドです。片手打ちの場合でも、体の軸をしっかりと持ち、フラットになりすぎたりサイトスピンがかからないよう注意しながら打ちます。肩をしっかりと入れて、打点が遅れないように注意しましょう。また、両手打ちと同様にテイクバックは高く持つようにします。

戸江達哉の思うバックハンドは、すべてプロのプレイから生まれています。戸江達哉流の上達法では、すべてスーパープレイから得た知識で教えています。誰でも、いきなりプロのような美しいフォームで打てるわけではありません。

ですが、バックハンドを上手くコントロールすると、力のない選手でもキレイなフォームで返すことができるのです。テニスは、一見遠回りに見えますが最初の基本姿勢から見直していくことこそ、上達への近道なのです。みなさんもぜひ、戸江達哉が思うバックハンドのコントロール上達法を実践してください。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る