記事の詳細

株式会社SHTのカリキュラムが気になっているといった人もいることと思います。株式会社SHTのカリキュラムについては注目が集まっており、大変気になるところですよね。IT導入が進むにつれ、エンジニアの教育も不可欠となっており、ぜひとも取り組みを進めたいところです。株式会社SHTのカリキュラムについてもぜひ着目したいところです。

ところでみなさんは「ITIL Version3」というものをご存知でしょうか?ITIL Version3はITIL資格として知られており、営業活動にも活用することが可能となっています。
営業の分野でもITの存在は欠かすことができず、ぜひとも取り組みを検討したいところです。現段階でもすでにタブレットで商品案内をしたり、プレゼンテーションをする人も多いことでしょう。しかしIT営業職となれば、さらにもう1歩踏み込んだ形のPRは必須であり、また会社でITIL資格を義務付けているところも出始めています。

株式会社SHTのカリキュラムではITIL資格についても実践しています。ITサービスマネージメントのデファクトスタンダードとして君臨しているITIL資格をぜひ取得したいところですね。
この資格はシステムサービスに関わる技術者についても多く取得しています。しかしそれよりも需要が広まっているのが、IT営業職の人材です。IT営業職は資格を取得することにより、さらに幅広く、また質の高い営業が実現できます。
ではどういった内容のカリキュラムかというとITサービスマネジメントのグッドプラクティスサービス、ライフサイクルの概念やITILを構成するプロセスとその機能などをマスターすることとなります。
プロの講師のもと指導を受けられるのは、大変有利です。プロの講師によりポイントを抑えた講義を受講することによって、合格への最短ルートともなります。

また近年注目されているのが「CompTIA Server+」というものです。CompTIA Server+についてご存知の方もいることと思いますが、逆に全くわからないといった人もいることでしょう。CompTIA Server+については、パソコンのサーバに関する知識やインストールに関する知識などが必要となります。
サーバについても自社で構築するといったケースも多いことでしょう。またIT企業の場合、自分たちで手がけて他社へ提供するといったケースも多いことと思います。
そうした上でもサーバに関する知識も不可欠ですし、インストールをはじめとした内容も把握しておくことが大事です。
問題解決業務ともいえるこの内容は、サーバに携わる技術者を対象とした資格となっています。業界初の認定資格であり、サーバ関連に携わっている人はぜひとも習得を検討したいところです。

サーバーやネットワーキング業務を理解するのは大事なことであり、人材ニーズとしても不可欠です。効率的な形の輩出を目的にして開発された資格となっています。
サーバ運用については、さまざまな問題が見られます。その大きな原因は知識不足によるものです。システム担当者はシステムについてあらゆる勉強をしなくてはなりませんが、やはり技術不足といった人も見受けられます。担当者が精神的に追い込まれることになりかねないので、サーバ運用や管理の面でもあらゆる局面で対応できる知識をもっておくことは大事なことです。
また知識だけではなく、スキルや効率的な業務取り組み、活用についても不可欠となっています。
ただ単にサーバについて知識があるといっただけでは問題といえます。その点、知識もありかつサーバー運用・管理で役立てるノウハウを持っていることは、かなりお得といえるでしょう。
では実際にどういったことを学ぶかというとサーバーへのインストールや一般サーバーハードウェア知識、アップグレード、予備メンテナンス、コンフィギュレーション、OS仮想化、環境、トラブルシューティング及び問題の確定、障害復旧といった項目を学ぶことが可能となっています。

これら全般を学ぶことでCompTIA Server+への試験対策はもちろんこと、実務でも活用できる知識を身につけることが可能となっています。
株式会社SHTのカリキュラムについては、ITIL Version3やCompTIA Server+の他にもさまざまなものが実施されています。公式ホームページに詳細が掲載されていますので、そちらで確認してみることをおすすめします。
会社の発展のためには社員教育は必須といえます。今後はいかに高度が社員教育を実践できるかで企業価値は大きく変わることが予想されます。顧客をさらに増やすために、資格取得は大変有効です。資格があるということは顧客にとって安心感にもつながっていきます。
CompTIA Server+やITIL Version3についても勉強をしておけば、IT企業では必ずやプラスになるはずです。個人で習得するのも良いですし、会社単位で検討してみるのも良いでしょう。

株式会社SHT
http://www.shtech.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る